Arduino IDEを使ったpicocaへの書き込み

Arduino IDEを使ったpicocaへの書き込み方法です。

プログラムのダウンロード

下記のリンクをクリックしてプログラムをダウンロードします。

プログラムファイル

アクセスをしたら、右上からダウンロードをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたらファイルを展開してください。

展開をしたら、プログラムを開きます。

今回は、最初に使用するLEDのプログラムを開きます。

展開したフォルダの中身から「led」フォルダを開きます。

中に入っているledプログラム(正しく設定されている場合Arduino IDEのアイコンが表示されます)をダブルクリックして開きます。

すると、Arduino IDEが立ち上がります。

picocaへの書き込み

正しく、プログラムをダウンロードして開けたら、USBケーブルをつかってpicocaとPCを接続します。

接続ができたら、Arduino IDEを使ってプログラムを書き込むための準備を行います。

Arduino IDEの「ツール」→「ボード:”ボード名”」→「Raspberry Pi RP2040」→「Raspberry Pi Pico」を選択します。

ボードが正しく、”Raspberry Pi Pico”が選ばれていることを確認しましょう。

次に、同じく「ツール」→「シリアルポート」でRaspberry Pi Picoが接続されているポートを選択しましょう。

シリアルポートが複数ある場合は、この記事の下のシリアルポートの見つけ方を参考にしてみてください。

正しく選択がされたら、最後に書き込みを行います。

上部にある、右矢印のマークをクリックするとコンパイルをして書き込みが始まります。

シリアルポートの見つけ方

下記のように、シリアルポート(COMが複数ある場合など)が見つけられない場合があります。

その場合は、デバイスマネージャを開きます。

デバイスマネージャからポート(COMとLPT)を選択します。

すると、USBケーブルがRaspberry Pi Picoと正しく接続できていれば、「USBシリアルデバイス(COM{数字})」が表示されるのでこれを選択しましょう。

シリアルモニタの開き方

シリアルポートの接続がされていることを確認して、Arduino IDEの「ツール」から「シリアルモニタ」を選択して開きます。

正しく接続ができていると、次のような画面が表示されます。